雨上がりと、隙間産業

雨上がりの  空を見ていた~

 

って

かつて小田和正氏が某保険会社のCMで歌ったみたいな

 

あんなきれいな言葉とメロディーで

この一瞬を切り取れたらば、

この冷たい風さえ

いとおしくなる系のアーティストのはずで

 

何十万のフォロワーをもつ

インスタグラマーなら、

 

#雨上がり #イマソラ 

#虹 #2018

鬼タグからの秒殺いいねを量産していくのでしょう。

 

 

 

 

 

どちらでもなかったので、

 

信号という信号に

ことごとくつかまり

何度でもたちつくす横断歩道まえ、

 

4℃ の寒さに身を縮こまらせながら

画面のわれまくったiPhoneに文字を打ちこむ。

 

 

毎冬恒例

あかぎれバンまみれの右手を守る
手袋から親指だけをわざわざ出して。

 

 

空を見上げなくても

虹は出なくても

 

雨上がりの匂いだけが

あいまいに思いださせてくれるけしきがあるから

 

そんな音楽をつくっています。

 

結局、空見上げてんじゃんおまえ ^ ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください