視力0.01のわたしによるメガネとコンタクトの比較論

 

 

こんちは

裸眼視力 0.01以下 りるいろんです。

 

 

ふだんはだいたいコンタクト、

ときどきメガネで生活しています。

 

もしもメガネもコンタクトもない時代に生きていたら、

私の一生はいったいどうなっていたのでしょう。

 

 

人生のかなり早い段階で
視力を落としはじめ、

近視とともに歩んできた

この半生を振り返るとともに、

 

もはや円熟の域にさしかかった

筋金入りの近視ライフを考察してみました。

 

 

コンタクトを検討している方の

参考にもなればいいなと
おもいますが、

 

そんな保証はまったくありません。

 

ということで、

私の視力退化ヒストリーから

 

どうぞ。

 

 

 

<小学校初期>

最初に異変を察知したのは小2の視力検診でした。

左右のどっちかがC判定(0.6〜0.3)

席が後ろの方だと

黒板の字が見にくくなってくるレベルです。

 

どのくらい自覚があったのかは

覚えていませんが、

 

共に近視であった両親は

落胆していたようにおもいます。

 

 

当時は初代ポケモン全盛期で、

例にもれずポケモンゲットのため

ゲームボーイポケットに夢中だったことも

無関係ではないでしょう。

 

ちなみに

好きなポケモンはヒトデマンでした。

 

 

しかしゲームは1時間とわりと厳しく決められており
基本的には守っていたので、

そんなに一日中かじりついていたタイプでもなく、

こればかりが原因かというと疑問符がつきます。

 

 

遺伝もあるんじゃないか、

 

 

とか
責任転嫁してみる。 

 

 

で、
一旦悪くなると
どんどん悪くなっていくのが視力というものです。

 

 

 

登校途中に何の前触れもなく、

通学路のドブ溝に落ちて

保健室で着替えさせられたことを

急に思い出した。

 

 

<小5でメガネデビュー>

 

ということで、メガネ作るわけです。

 

メガネデビュー初日に

教壇に立ち

 

クラス全員に注目されながら

 

メガネ顔を披露する

 

という謎イベントが発生しました。

 

どういうノリだったのかは

よく覚えていませんが、

となしい子だった私を気づかった

担任の先生のはからいだったんでしょう


たぶん。


最初に発表しといたら、


後はためらいなくかけられるだろう方式。

 

 

 

 

たぶん。

 

 

中学校時代

 

中学に進むわけですが

自分はメガネ似合わないという思いこみと、

メガネキャラに対する

完全な偏見によるネガティブイメージから、

 

「見えていないのにかけない」

 

 

という
謎の見栄をはっていました。

両目で0.5もなかったとおもいます。

いったいどうやって生活していたんでしょう。

吹奏楽部でしたが楽譜とかまったく見えてなかったし。

 

これはいかんということで、

おかんがコンタクトだったこともあり、

あっさりアキュビューデビューしました。

 

 

 

まぁびっくり世界が変わりました。

 

 

 

 


 

 

 

 

こんくらい変わる

 

 

そして現在に至る。

 

 

 

 

 

高校入るまでには0.01くらいに落ちていたはずなので
10年ちょっとになりますね。

 

 

外コン家メガネ

みたいな割合でしたが、

 

最近奮発して

ちょっといいメガネ買ったので

メガネ割合が増えました


過去のメガネに対する贖罪ではありませんが、

これにより公平なジャッジが期待されます。

 

では本題です。

 

比較に入りましょう。

 

 

 

 

<コンタクトのメリット>

 

自分は目が悪いということを忘れさせてくれる。

 

メガネと違って視界全面がクリアになるので、

最初はまるで

自分の目そのものが良くなったみたいな感動をおぼえます。

 

 

 

 

 

ラーメンやうどんを食べても曇らない

 

当たり前ですが、

 

メガネだとそうはいきません。

 

かといってメガネをはずすと

 

0.01の視力では麺をつかむのも手さぐりです。

 

どん兵衛に入っている小さいカマボコとか、

 

ほぼ絶望ですね。

 


 

<メガネのメリット>

 

 

つけたまま風呂に入れる

 

いや、はずさんのかいと思ったあなた。

視力0.01の世界を甘く見ていますね。 

 

案外、

 

風呂には危険がいっぱい。

 

詳細はめんどうなので

割愛しますが、

 

この視力での裸眼入浴は、

 

下手しい水死体で発見されても

おかしくないくらい危険です。

 

 

 

ただしこれは銭湯など、外での入浴の場合です。

 

勝手知ったる自宅の風呂では

メガネなんかかけません 。

 

 

 

人相の悪さをカバーできる 

 

これは人によるので、
あくまで私

の場合ですが、

 

だいたい初対面では

 

 

 

「無表情、こわそう」

 

 

 

 

 

みたいに思われることが多く、

 

どうも第一印象が良くない。

 

 

 

そこで。

 

コンタクトからメガネに代えると

 

 

 

 

「かしこそう」

 

「オーラがちがう」

 

 

 

 

 

 

に爆上げされました。

 

すご。

 

 

 

長年のメガネコンプレックスから

コンタクトを使い続けてきた私の価値観が

見事におおされた瞬間です。

 

 

 

実はこれまでは

安もんのスタンダードな黒縁

しか使ってこなかったのですが、


思い切ってスタイリッシュな

 

シュッ!

 

としたやつ(ちょっといいやつ)

にしてみた。

 

つまりメガネを

ファッションの一部として組み入れることができる

 

という、ものすごく当たり前なことに

 

気がついたのが最近の話。

 

 

まぁたしかに

zoffの店員さんとか皆おしゃれやしな。

 

 

 

かくして気をよくした私は

 

髪もメガネに合わせて今までより短くし、

 

 

サッパリスタイリッシュメガネ野郎

 

 

 

生まれ変わりました。

 

 

 

 

なんか、

思考も変わってきますね。

 

 

過去の

 

前髪超長アシメ

&クソ繊細アーティスト気取り

根暗野郎

 

だった自分を、

正座させて小一時間説教してやりたい気分です。

 

 

 

というわけで結論です。

(強引)

 

 

 

 

 

自分を変えたい奴は

メガネから変えろ

 

(ただし素の自分を生かす気概があるならコンタクトもあり)

 

 

 

比較論ではなく精神論になりました。

 

最後まで読んでくれて、すみません。

 

 

ちなみに当のわたしは、

メガネに完全移行したわけでもなく

 

コンタクトも半々で、

結局どっちつかずだったりです。

 

 

 

 

おきにのメガネ置き。

 

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください