えんがわ(魚)について

 

えんがわ。

 

白身でコリッとした食感。
淡白とおもいきや、
しっかりとしたあまみのある脂。

みなさまは知っていますか。

こいつの正体を。

 

 

 

 

 

私は知りません。

 

 

 

ということで、

ぐぐりました。

 

えんがわ(縁側、エンガワ)とは、の部位の通称で、刺身寿司のネタの一つ。ヒラメカレイ(ひれ)を動かすための筋肉のことをいい、コリコリとした舌触りが好まれる。身の形が家屋縁側に似ていることからそう呼ばれる。           

出典:wikipedia 

 

なんと。

魚の種類じゃなくて、
部位の名前なんですね。
またひとつ、
ブログを通じてかしこくなりました。

と、いうのはさておき。
気になったのは最後の一文ですわ。

身の形が家屋縁側に似ていることからそう呼ばれる。 

・ ・ ・  。

 

 

えっ   ^  ^

 

 

 

 

 

 

こういうこと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に命名した人の

いさぎよいまでの

ネーミングセンス

脱帽。

 

 

※一般的に寿司のえんがわはヒラメをさすそうですが

私が知っているのは、
言わずもがな、

回るほうの寿司なので

カラスガレイのえんがわ
ということになります。

寿司屋で何気なく食べてる「えんがわ」って何!? – NAVER まとめ

 

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください